politely

丁寧に生きる 丁寧に感じる

<ゆっくり生きる方法8選>少し疲れてない?今日すぐできる1DAYスローライフ

新型コロナウイルスによる様々な問題・課題を抱えた生活が中心になり、今までの目まぐるしくハードな日常が一変。

ビジネスの場においては出張はおろか会社への出社も、テレワークやリモートに置き換わりましたね。
また、不要不急の行動も制限され、楽しみだった旅行もいつになるのか分からない始末。

善いことなのか、そうではないのか、まだ判断しかねますが、それら時間の流れが速い生活からは、少しだけ緩やかになっている時を過ごしています。

そして、これから私たちの多くは、アフターコロナの新しい習慣を改善し続けることで豊かさを得ることを目指すべきです。

コロナが収束し、日常が戻ったあとでも、人生の中で心に余裕を持った生活にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

豊かさ・幸福感を養うため、ゆっくりと生きることを意識する方法をいくつかご紹介します。

 

 

早起きしましょう!

<ゆっくり生きる方法> 早起きしましょう!

朝、急いでその日の準備をしていることに気付いた場合は、早めに起きてみてください。

1日のわずか15分を早起きするだけで、よりリラックスしたペースで出勤するための心のバッファを与えるのに役立ちます。

もちろんそれだけではなく、頭脳が冴えわたるタイミングも早く訪れますね。
今までは午後からようやくエンジンがかかり始めていた身体も、早起きすることで午前中からトップギアに入り、生産性も向上します!

もし、早く出社する必要が無ければ、朝刊の記事を普段より3~5トピック増やすこともできるはずです!

 

5分だけ瞑想しましょう!

恐ろしいほどのハイペースで動いていることに気づいたら、少し立ち止まって瞑想をしてください。

心を静めることとあなたの体とのつながりは、あなたが減速し、“今” という瞬間にあなたを気付かせてくれる素晴らしい方法です。

私も定期的に瞑想に取り組んでます。以下の記事は瞑想の簡単な取り組み方について書いたものです。

 

同様に、「深呼吸」「ゆっくり呼吸をする」ことも同じようにリラックス効果を生みます。
普段の散歩でも、意識して呼吸をゆっくりにしてみましょう!
15秒で1度の呼吸(吸って吐いて)をするのは無理なくできるテンポです。

 

メモ帳をお持ちですか?

<ゆっくり生きる方法>メモ帳をお持ちですか?

パソコンやスマホは文章を書く(そして編集する)ことを簡単にします。

それでも、紙とペンでアナログなライティングの世界に行くことは、あなたの中にある文章スキルを確実に高めてくれる方法のひとつです。

また、その行動はあなたをの生活リズムを緩やかにし、あなたの考えを集め、そしてあなたがそれらを紙にコミットする前に、心から思考することに役立つ方法です。

思考を奮い立たせて、ペンを握る指の先端からの刺激は脳を活性化させてくれます。

どのようなことを書きますか?

ニュースを見て自分なりに思う社会問題について?今朝のミーティングで発表する題材?
わたしにとって重要なことはもちろんこのブログのテーマについてでしょうか!

ササッと、走り書きでもよいので、メモを取る習慣は必要なのです!

デジタルから距離をおく

テクノロジーから自分を切断することは、設定した時間内スマホの電源を切るか、デバイスを家に置いたまま近所を散歩するのが良い方法です。

趣味の時間を満喫できるほか、情報の過負荷が少ないことは良質なメンタルヘルスを取得できます。

ゆっくりと始めればよいですよ。デジタルを使わない…1日1時間から始めてみては?

テレビを消して!

ある種のホワイトノイズとして、家のBGMにテレビやラジオを流しておきたくなるのは理解できます。

しかし、この絶え間ない音の弾幕は、私たちに仕事への焦りと無意味な不安を感じさせる恐れがあります。

こうしたノイズメーカーの電源を切り、静けさを楽しむのは、休憩をとる簡単な方法です。

30分だけで良いです。
コーヒーブレイクの時間だけは、その香りと静寂のみを楽しむ時間と決めてみてはいかがでしょう?

 

よく噛む・よく味わう

<ゆっくり生きる方法>よく噛む・よく味わう

時間をかけて美味しい食事を準備し、座って楽しむことは、あなたがゆっくりするのに最適な方法です。

あなたが料理をしている間、あなたは料理と食事をすることに全集中!する必要があります。
食卓には時間をかけて、食べ物、美味しく味わえる喜びと楽しい食感を感じられることに心から感謝してください。

ゆっくりと、よく噛み味わうことは、駅前の牛丼屋でチャチャッと10分で完食する早食いファイターより何倍も能率を高められます。
脳を活性化させ消化への負担も軽減できてスッキリと体調も万全な状態で物事にチャレンジできるでしょう!

食後の時間を楽しむこともお忘れなく

コーヒーをできるだけ早く飲み込むのではなく、15分以上座って、一口ずつ香りと共にに味わってください。

この静かな時間はあなたの1日を始める最適な方法であり、贅沢な時間を楽しむ喜びを味わう素敵な方法です。

もう少し時間にゆとりのある人は、ゆったりと深くソファーに座ってうたた寝しても良いでしょう!
仮眠はコーヒーのカフェイン成分が15分で覚醒させてくれますので、寝坊することもありません。
頭が冴えて、さらにビジネスへの貢献が期待できます!

 

安全運転でお願いします!

スピード違反は、今日の世界でよく見られる悪い習慣です。

誰もがいつも何かに遅れているようです。

悪質な煽り運転の映像は度々ニュースでも取り上げられていますが、無理な割り込みや制限速度を超えての追い越しも絶対にやめましょう!
そのような人たちを見るたびに「そんなに急いでどこいくの?」と心の中でつぶやいてしまいます。
笑うのが、だいたい次の信号であっさりと追いついてしまうところ(笑)。
無理に追い越してスピード自慢したいところだったのでしょうが、私の古い車も負けてはいませんよ~!

次回ハンドルを握るときに意図的に減速、丁寧なアクセルワークを試みることで、事故のリスクを減らし、燃料を節約できます。

何より驚きなのは、安全運転を意識しているときは、すべてのことに対して優しくなれるってことです!
道をゆずる、歩行者に気を遣う、心無い人が捨てたゴミのことを考える、長距離を走ってくれた車に感謝の気持ちが湧く。素晴らしいじゃないですか!

 

シングルタスクに取り組む

シングルタスクはマルチタスクの反対であり、1度に1つのことに集中する必要があります。

マルチタスクは、複雑で、煩わしく、実際には生産性が低くなります。
それなのに、今日ではそのスキルを持った人材が認められる傾向にあるのはいかがなものかと、首をかしげたくなります。

タイムブロッキングを試して、やることリストをひとつひとつ順調に進めてください。

その完成度、クオリティたるや、素晴らしい成果をあなたに与えてくれるはずです!

1万時間の法則をご存じ?

1つのことに1万時間を費やして取り組むと、その道の最上位者になれるという話し。

それを目指すか否かは別としても、誰よりも思い入れのある姿勢で取り組むことは、尊ささえ感じてしまいます。

 

グリーン・エクササイズ!

<ゆっくり生きる方法>グリーン・エクササイズ!

忙しいときを除いて、毎日20分間自然の中で過ごすべきです。本当なら1時間は過ごしたいところ。

自然を写真におさめる。木陰で読書する。アウトドアを楽しむ。
自然と一緒の時間を過ごせるきっかけは無数にありますね!

新鮮な空気を吸い、たくさんの日光を浴びる。それだけで十分です。
四季折々の大地の鼓動を感じ、鳥たちのさえずりに耳を癒される。

これは瞑想とまったく同じように、心の平穏をあなたに与えてくれる自然からのプレゼントに他なりません。

自然と触れ合う “グリーン・エクササイズ” を今度の休日にぜひ!

スマホを30分見る時間があったら、30分散歩してみてください!

感動的な出会いが待っていることでしょう!

歩くくらいがベスト!

テレビを見たり、スマホゲームを楽しむことなど、脳に対し常に刺激の強い活動をしていると、ゆっくりするのが難しいかもしれません。

短い瞑想やヨガはYouTubeで簡単に学べますし、代わりに近所をのんびりと散歩するのも良いでしょう。


www.youtube.com

刺激を抑えた時間を過ごすことは、心身へのリラックス効果を高めます!

 

セルフケア

あなたを大切にするために必要なことについて、自分自身でチェックし、それを優先することは、ゆっくり生きるための優れた方法です。

セルフケアは最近少し違って理解されているかもしれませんが、簡単なことから習慣化させてみてはいかがでしょう?

入浴後に爪を手入れする。フェイスマッサージやヘアケア。ヨガ、ストレッチ。
そして夜更かししないこと!早く寝ることは、誰でも管理できる簡単なセルフケアのひとつです。

もちろん、ぐっすりと良質な睡眠をとるためにも、1杯のホットワインを楽しむ余裕があれば最高です!

 

まとめ

いかがでしたか?

どれも今すぐその場で出来る簡単なエクササイズだったかと思います。

しかも簡単すぎてうっかり忘れちゃうくらい!(笑)
でもどうか意識して取り組んでみてください。

きっとあなたの人生や生き方にゆとりと素敵な時間を与えてくれるはずです。

そしてこれらの新習慣は現代を生きる私たちにとって本当に必要なものだと教えてくれます。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。