politely

丁寧に生きる 丁寧に感じる

<森林浴>を楽しむ!あなたを癒し免疫を高め、多くを学べる!その効果は絶大です!

五感を開いてゆっくりと自然の中を移動し、「森林浴」と呼ばれる心身リラックスの実践にチャレンジして新年をスタートさせてみませんか。

モンタナの最初の認定森林浴療法ガイドであるデボラ・ゴスリン氏は最近のインタビューで、「森林を意図的に観察し、心を静め、気持ちのペースを落とすことで、日々のストレスから身体を癒し、内面の平和をもたらす。」と述べてい ます。

 

ビタールート国有林の近くにあるビタールートとミズーラバレーの住民は、ハイキング、スキー、乗馬、そして一般的に森で過ごすことのメリットを熟知しています。
これらのアクティビティは、肉体的および精神的な健康に早いペースで好影響を与える可能性もありますが、ゴスリン氏は、別の可能性があると言います。

 

 

 

“森林浴” のリラックス効果を科学的に理解する

「研究によると、森の中でゆっくりと過ごしたり、その場で瞑想したりすると、副交感神経系が刺激されます。これによる交感神経系やアドレナリンの増加、ストレスを感じることも身体には必要なことなのです。」
とゴスリンは言います。

 

森林浴は気持ちの高ぶりを静める効果があります。
それは1980年代に大学や医師の研究により、自然に触れることでストレスを和らげる効果があると日本で始まったエクササイズです。

このエクササイズは、森の雰囲気を感じたり、心の浄化や気持ちを静める感覚を通して森林の空気を味わうことを意味します。

「瞑想的で活力を与えることができ、健康上の利点には、ストレス、不安、うつ病、怒りの軽減が含まれる。」
と、ゴスリン氏は述べています。

血圧と心拍数を下げて気分と睡眠を改善することもできます。
「それは集中力、問題解決能力と創造性を改善し、免疫システムを高めることさえできます」
と、彼女は言いました。

 

私たちは木が必要であり、一緒に呼吸します

日本人によると、自然の中で過ごすとリラックスする理由の背後にある化学的な研究をしています。
森林浴の前後に採取した血液と唾液のサンプルを分析すると、白血球が増加することで免疫システムが向上することがわかっています。

「彼らは、そのプロセスを獲得するメカニズムは、木が健康を維持するためのフィトンチッドと呼ばれる化合物を放出すると考えています。」
と、彼女は言いました。

 

フィトンチッド(phytoncide)とは

微生物の活動を抑制する作用をもつ、樹木などが発散する化学物質。
植物が傷つけられた際に放出し、殺菌力を持つ揮発性物質のことを指す。
森林浴はこれに接して健康を維持する方法だが、健康だけでなく癒やしや安らぎを与える効果もある。
フィトンチッドはその殺菌性や森林の香りの成分であるということから良いイメージがあり、森林浴の効能を紹介する際に良く用いられている。

フィトンチッド - Wikipedia

 

「私たちの身体も森林からたくさんの恩恵を受けることができます!
彼ら日本人は、フィトンチッドを吸い込むことが、今日の健康を維持するものだと信じています。」

“森林浴” それは能力として扱うべき!

世界中で、それは「自然療法」または「自然入浴」と呼ばれていますが、あらゆる外部環境に適応させることも可能です。

ゴスリン氏は、
「森林以外の場所で同様の効果をもたらす練習は、何かに集中したり、何かに気づいたり、感覚を研ぎ澄ませたりしているときに、現在の瞬間にいて、1つのことに注意を向けている間は、マルチタスクを実行できないという点でマインドフルネスに似ています。」
と説明しました。

 

“森林浴” それは能力として扱うべき!

今日の私たちの生活の中で、ひとつ視点を変えるだけで、思わぬ成果を獲得できるシチュエーションは無数にあります。

慌ただしいビジネスの世界に身を置いていると、気付かないものもたくさんあるようです。
自宅で、オフィスで、出勤途中の街なかで、あなたは自分自身の感覚を研ぎ澄ませる練習をするべきです。

 

“森林浴” を単なる散歩として認識することはもったいない!

「散歩は、グループ、イベント、天気にもよりますが、約15分で1kmをカバーする穏やかな地形で行われます。」

ハミルトンのフィッシングアクセス近くにある12月初旬の森林公園で、ゴスリン氏は森林浴イベントの準備をしていました。

“森林浴” を散歩感覚として認識するのはもったいない!

コロンビア川のクラークフォークに向かって北に流れるベターロート川のほとりで、彼女は言いました。
「この美しい場所、スティーブパウエルパークと街を見守る野生動物たち、魚たちにも感謝します。これら素晴らしい自然を管理して一緒に楽しんでくれてありがとう!」

 

ゴスリンはキャリアを通して自然主義者として働き、これまでの人生の中でも自然を楽しんできましたが、森林浴は自然主義者になることではないと言いました。

「森林浴は運動のための散歩ではありません。
私たちは自然に対する敬意を、自然そのものに捧げなければなりません。」

 

「これは、判断する必要はありません。
自然の、音、光景、質感、そして感覚を使って私たちの周りの空間を認知するためのさまざまな方法に気付くだけです。
人々は自然の一部であり、私たちは木が必要であり、一緒に呼吸します。」

 

彼女は、歩く参加者に、呼吸、肌に感じる太陽の暖かさ、そよ風の感触、足が地面に触れる感覚などに気づくことに集中するように促しました。

「目を閉じて、腕を下げ、手のひらを伸ばし、私たちの体をレーダーとして使用して、方向が異なると感じ方が異なることに注意してください。」

楽しい経験を感じてください。自分らしくなり、森のエネルギーがあなたの身体のすべての細胞を目覚めさせます。
世界の他の地域が私たちの知らないところで駆け巡っている間も、じっとして、ただ感じることです。

 

ゆっくり歩き、森に触れ、感じ、匂いを嗅ぎましょう

ゴスリン氏は、5メートル歩くごとに、岩、水、植物、鳥、そしてすべての自然を観察する。それだけで20分以上かかると述べました。

「ゆっくり歩き、森に触れ、感じ、匂いを嗅ぎましょう。」

冬は乾燥した葉と樹皮、木々の香りを感じてください。
水、岩の色、小さな植物を静かに観察してください。

ゆっくりとした時間を楽しむ。
感覚を開き、リラックスする。
よりポジティブで創造的で高揚する方法で、再び集中できるように。

 

“森林浴” は「今この瞬間を生きることを感じる」ツール

ゴスリン氏はスティーブンスヴィルに住んでおり、個人やグループが希望する時間枠(通常は1時間半から3時間)で森林浴をガイドしています。

 

ゴスリン氏が言うには、森林浴を楽しむ最短時間は30分とのこと。

「週に1回、2時間過ごすことができれば、その後の健康上のメリットは約1週間続きます。
あらゆるタイプの緑地の近くで30分の昼休みをとった場合、数日以上続きます。
これはすべてに順応性があり、とても用途が広い効果です。」

 

“森林浴” は「今この瞬間を生きることを感じる」ツール

ゴスリン氏はカリフォルニアで森林浴トレーニングを実施しましたが、自然と森林浴療法ガイドの協会を通じて、同様のセッションは世界中で参加できると言っています。

彼女は、自然主義者として、木、植物、鳥を知っているが、自然との関係性を深めたいと思っています。
「私は自然とのつながりを深める必要性を感じています。それは本当に私の心を癒すものです。」

彼女はいつも森の中を通り抜け、蝶のようにここからあちらへと飛び回っています。
彼女と一緒にエクササイズする人の多くは目的地を目指すハイカーであり、ゴスリン氏の考えは、実は彼らに迷惑をかけていると感じているそうです。
森林浴は、ゆっくりと自然に耳を傾け、現在の瞬間にいる時間を自分に与える方法の1つのツールだと、本質を教えているのです。

 

さぁ、森に出かけましょう!

さぁ、森に出かけましょう!

忙しい方は、ゴスリン氏が言うように30分だけでも良いかもしれません。

その短時間の森林浴が、あなたの明日以降の健康に大きく役立つのですから。

 

 

近くに森林公園はありますか?

仮にふさわしい場所が無くても、雑木林や、それすら無い都会では公園、街路樹のある通りでも良いかもしれません。

都会だとしても、1本の木の周りでは小鳥がさえずり、緑の風が吹き抜けています。
あなたの五感を開いて、木が教えてくれることを感じてください!

 

最後までお読みいただきありがとうございました。