politely

丁寧に生きる 丁寧に感じる

本玉真唯(ほんたま まい)というテニスプレーヤー

本玉真唯(ほんたま まい)というテニスプレーヤー

 

グランドスラムで戦いたいなら、変えなくてはいけない。でも、下部ツアーで勝ちたいだけなら、今のままのテニスでもいい。あなたは、どちらで勝ちたいの?

 

やります ーー。

 

返ってきたのは、上を目指す言葉だった。

web Sportiva

sportiva.shueisha.co.jp

 

こんにちは~ 、こたつ(@kotatsu_blogger)です(∩´∀`)∩

 

わたしが本玉真唯選手を追いかけるようになったのは、偶然この記事を目にした時から始まっています。

 

今後も本玉真唯選手のことを(勝手に)応援していきたい。

そして、1人でも多くの方にファンになっていただきたいと願っています。

 

わたしの力は微々たるものですが、このブログを通して本人にまつわる情報を発信していきたいと思っています。

 

 

いつでも読者登録お待ちしてます
 
【わたしの日記】管理人:こたつ
こたつ

 

基本情報
項目 内容
名前 本玉 真唯
(ほんたま まい)
出身地 東京都 町田市
生年月日 1999年8月30日(22歳)
利き手 右利き
バックハンド 両手打ち
キャリアハイ WTA 126位
(2022.03.07)
現在のランキング WTA 130位
生涯獲得賞金 $185,702
2022獲得賞金 $59,835

 

 

本玉真唯選手 経歴

プロ転向まで

4歳よりテニスを始める。

  • 2011年 全国小学生テニス選手権大会優勝
  • 2013年 全日本ジュニアテニスU14優勝
  • 2014年 全国中学生テニス選手権大会優勝
  • 2015年 世界スーパージュニアテニス選手権大会優勝
  • 2016年 世界スーパージュニア準優勝

2018年 5月プロ転向


2019年 全日本選手権優勝

試合の大きな分岐点は2つ。

 

まずは、第2セットの第2ゲームでした。

足元を狙ったリターンなどで秋田のミスを誘ってブレークに成功し、2-0とした。

これで、試合の流れを引き戻します。

 

そして、第3セット2-0の第3ゲーム、秋田のサービスゲームで実に9度のデュースが続きました。
本玉がコートを駆け回って我慢強く返球を続けると、厳しいコースか速いボールで決めようとする秋田のミスを誘い、ブレークで突き放します。

 

「返せなくても触れたことで(相手にとって)プレッシャーになる。走る脚があることは再確認できた」。

 

粘り強いテニスは今後への手ごたえにもなったようです。

 

2019年 全日本選手権優勝「本玉真唯というテニスプレーヤー」

出典:「全日本テニス選手権」公式HP(過去の記録2019女子シングルス)より

 

2011年に全国小学生、2014年に全国中学生で優勝したほか、世界スーパージュニアなど国際大会も含め、ジュニア時代には多くの実績を残した本玉選手。

 

高校卒業後の2018年にプロ転向して2シーズン。

 

「どちらかというと苦しかった。ヨネさん、ジャイミーさんに、いつかチャンス来るからと言われて、きついトレーニングもしてきて ……」

と言うと、感情がこみ上げ涙がこぼれました。

 

2021年 シカゴ・フォール・テニス・クラシック ベスト8

2021年 シカゴ・フォール・テニス・クラシック ベスト8

出典:WTA公式サイト(Chicago Fall Tennis Classic 2021 Draws)より

 

アメリカ遠征最初の大会は予選2回戦で敗れたが、ひとつ勝ったことが自信にもなったのだろう。

2大会目となるシカゴの大会では、勝つたびに取り組みの正しさを実感するようになっていた。

 

低い姿勢で走り、世界トップクラスの強打に食らいついてチャンスを作り、そして最後は、磨いたフォアをオープンコートに叩き込む。

 

ふたりのトップ100ランカーを破る快進撃は、準々決勝で、2度のグランドスラム優勝を誇るガルビネ・ムグルサ(スペイン)に止められはした。

ただ、その試合でも長いラリーはことごとく本玉が制し、ドロップショットを幾度もネット際に沈めている。

 

敗戦後は「悔しさのほうが大きい」と微かに顔をしかめたが、最後には「今まで練習してきたことが全部出せた大会だった」と胸を張った。

 

出典:「web Sportiva」

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

本玉 真唯 Mai Hontama(@mai_hontama)がシェアした投稿

 

本玉選手 プレースタイル

 

プレースタイル「本玉真唯(ほんたま まい)というテニスプレーヤー」

 

技術面で詳細に語られている情報は少ないけど、本玉選手の魅力のひとつは とにかく。よく動いて走れること です。

 

球足が遅い赤土では、打球は威力をそがれ、自ずとラリーが長引く。

その過酷なコートで本玉選手は、走って粘り、ポイントを組み立て、いくつもの接戦を制しています。

 

クレーへの苦手意識が強かった本玉選手が、2大会を終えた時には、「私、粘れるかも。これが私のテニスかも」と笑うまでになったといいいます。

 

改善点のひとつは、本玉選手が自分の武器と自覚した、フットワーク。

 

コーチを務める神尾氏曰く、全身のバネは本玉の武器ではあるが、「上にスポンスポンとジャンプして走る」ため、安定感に欠けるところがあったそうです。

「強打に打ち負けないためには、もっと低い姿勢で構えなくてはいけない。跳ねるタイミングや姿勢を丁寧にやるよう取り組みました。」

それが第一の改善点でした。

 

そしてもうひとつ手を加えたのが、フォアハンド

フォアハンドは本玉が自信を持つショットではあるが、振り出し方などの細かい技術面にメスを入れました。

 

低い姿勢で走り、世界トップクラスの強打に食らいついてチャンスを作り、そして最後は、磨いたフォアをオープンコートに叩き込む。

 

ふたりのトップ100ランカーを破る快進撃では、長いラリーをことごとく本玉選手が制し、ドロップショットを幾度もネット際に沈めています。

 

素顔の本玉真唯さん(インスタより)

 

本玉選手は定期的にインスタグラムを更新していて、その中でアスリートとしてもプライベートでも充実した日々を過ごしていることをうかがえます。

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

本玉 真唯 Mai Hontama(@mai_hontama)がシェアした投稿

このようにプライベートでは20代の女子らしくカワイイ一面ものぞかせています。

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

本玉 真唯 Mai Hontama(@mai_hontama)がシェアした投稿

こちらは、女子の国別対抗戦「2022ビリー・ジーン・キング・カップ by BNPパリバ アジア/オセアニア・グループ1部」で優勝した日本チーム。

グループ首位でファイナルズ出場をかけたクオリファイアーズ進出のためのプレーオフに進むことが決まりました。

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

本玉 真唯 Mai Hontama(@mai_hontama)がシェアした投稿

仲間との団らんのワンシーン。
食べ盛りだし、このひと口ひと口が強い身体をつくる!

それ以上に、仲間の存在の大切さを育むことが、本玉選手に大きな力を与えているのかもしれませんね。

 

本玉選手 世界のエースになれ!

 

まとめ「本玉真唯(ほんたま まい)というテニスプレーヤー」

 

これからも本玉真唯選手を追いかけていきたいと思ってます!

 

日本ではすでに大坂なおみ選手が世界ランキング1位になっており、今後も活躍が期待されていますけど、本玉選手も次に続いてくれると信じています!

 

今後の本玉選手の新しい情報はこの記事内で更新していきたいと思ってます。
ぜひブックマークしておいてくださいね!