politely

丁寧に生きる 丁寧に感じる

【感想】六道の悪女たち<無料読破>ネタバレ注意!アニメ化に期待!

【感想】六道の悪女たち<無料読破>ネタバレ注意!アニメ化あるか?

 

ヤンキーマンガだとっ!?
いやいや、これは立派な学園青春ストーリーだっ!

 

ヤンキー要素(高校生の暴力シーンや非行行動など)もあるけれど、いじめられっ子だった主人公六道桃助(ろくどう とうすけ)が、悪女たちを自分の持つ不思議な力で更生させていく王道少年漫画です!

 

そんなわけで、マンガアプリ「マンガBANG!」でたまたま見つけた本作品を、たまたま無料で読み進めていたら、すげーハマっちゃって(笑)。

結局、最後まで無料で読めちゃったから(笑)、恩返しじゃないけれど、この作品の素晴らしさを今回のエントリーでPRさせていただこうと思います!

 

 

 

六道の悪女たち ー 作品概要

 

六道の悪女たち ー 作品概要

 

『六道の悪女たち』(ろくどうのおんなたち)は、中村勇志さんによる漫画作品。
週刊少年チャンピオンにおいて、2016年30号から2021年19号まで連載されました。
中村さんの初連載作品でもあります。

2021年6月時点で累計発行部数は230万部を突破している人気作です。

 

六道の悪女(おんな)たち

ジャンル

学園漫画 / ヤンキー漫画

作 者

中村 勇志 さん
掲載誌 週刊少年チャンピオン

発表期間

2016年6月23日~2021年4月8日
(2016年30号 - 2021年19号)

巻 数

全26巻(話数 全233話)

公式Twitter

 

 

六道の悪女たち ー あらすじ

 

【六道の悪女たち】あらすじ

※ネタバレあります!

 

亞森高校(不良高校)に通う六道桃助は、普通の学園生活を夢見る臆病な少年で、同じいじめられっ子で友達の(通称)大佐と(通称)課長との3人で、いつもトイレでグチをこぼす日々を送っていました。

 

そんなある日、六道の死んだ祖父から六道宛てに巻物が送られてきます。
※なぜか亡くなったあとにw

その巻物が突然光り、六道の額に五芒星のマークを刻みつけます。

 

すると、なぜか六道は「悪女」に愛される体質になってしまうのです。

 

六道は校内外のさまざまな悪女、そして、※最強最悪とも呼ばれるスケバン向日葵乱奈(ひまわり らんな)に惚れられることになります。

※向日葵乱奈はこの物語のヒロインです。

向日葵は、暴力を愛し愛された根っからの救いようのない悪女。
そんな凶暴な女性ですら六道の術の力は、悪女に愛されていくのでした。

 

六道は、クラスの不良リーダー飯沼波瑠也(いいぬま はるや)とタイマンをして認められ、その後友人となります。

その他、亞森高校を仕切る番長の幼田小百合(おさなだ さゆり)、白バイ警官に扮して暴走族を狩る姫野莇美(ひめの あざみ)にも好意を抱かれ(そもそも彼女らも“悪女”なのでw)、次々と騒動に巻きこまれていきます。

 

大人しくいじめられっ子だった六道でしたが、悪女たちとの交友や度重なるトラブル、アクシデントに立ち向かい、たくましい男子高校生へと成長していきます。

そんな中、徐々にリーダーシップを発揮していき、悪女たちや飯沼他ヤンキーたちからも見染められていくようになり、次第に亞森高校や敵対する針蔵高校、また鬼島連合といった不良グループなどからも慕われるようになり、ついにはそれらを影でまとめ上げる“裏番長”へとのし上がっていくのです!

 

しかし、最強最悪の悪女・向日葵乱奈は、六道の前では術のおかげで子猫のように可愛らしい女性でいたにもかかわらず、次第にその術の効果が向日葵から薄らいでいきます。

クライマックスでは最強最悪のヤミ金「桜金融」との死闘を繰り広げていますが、その頃には向日葵の催眠状態は解かれ、また暴力にしか興味のない悪女へと逆戻りしてしまいました。

 

でも、それまでの向日葵と過ごしていた時間や、向日葵を更生させると誓う六道自身の決意から、六道は、すでに術が解かれてただの悪女になった向日葵に対し、

「僕は乱奈さんのことが好きなんだ!!」「大好きなんだ!!」

「僕も必ず 君を幸せにしてみせる!!」

と、愛の告白をするのです!

 

ここで、六道が祖父から授かったこの「悪女に愛される」という能力(術)が、最終的には向日葵乱奈と出会うためのものだったのだと気づくのでした。

 

六道への恋心が薄れかけていた向日葵は、六道の熱いメッセージに、改めて心を奪われ、向日葵自身も術の効果ではなく本心から六道を愛することを誓うのでした!

 

だいぶ ハショリ ましたが(笑)
ざっくり言うとこんなストーリーです!

(「六道の悪女たち」ファンの皆さま、下手な文章でスミマセン<(_ _)>)

 

 

六道の悪女たち ー 主な登場人物紹介

 

六道の悪女たち ー 登場人物紹介

 

六道 桃助

六道 桃助

六道 桃助

(ろくどう とうすけ)

主人公。本編開始時点では高校1年生。
華やかな学園生活を望みながらも、
臆病な性格から学園内の不良たちのおもちゃに。
気は弱いが正直者で、芯には熱い心を持っている。
祖父から贈られた巻物によって
「悪女にモテモテになる」能力(術)を身につける。

向日葵 乱奈

向日葵 乱奈

向日葵 乱奈

(ひまわり らんな)

最強のスケバン。
物語「一人目」の悪女にしてメインヒロイン。
長い金髪にへそを出しセーラー服、
木刀を携えたスタイルが特徴。
「ムシャクシャした」という理由だけで
十数人の不良を病院送りにするほど。
狂暴な性格と規格外の強さで恐怖の対象。

飯沼 波瑠也

飯沼 波瑠也

飯沼 波瑠也

(いいぬま はるや)

六道のクラスをまとめている不良のリーダー。
弱者あるいは自分の美学に反する相手を
「ザコ」と見下す。
当初は六道たちのこともいじめていたが、
六道とのタイマンを経て打ち解ける。
バイクのセンスは悪く、魔改造とも呼べるほどの
カスタムを施す悪癖がある。好物はラーメン。

火野本 勝(大佐)

火野本 勝(大佐)

火野本 勝(大佐)

(ひのもと まさる)

通称大佐(たいさ)。六道のクラスメイトで親友。
ミリタリーオタクで軍人のような話し方が特徴。
六道、課長同様に不良のいじめ対象だった。
乗り物全般が好きで、のちに鬼島連合の
布留川が率いるバイクチームと意気投合する。

木嶋 耕太(課長)

木嶋 耕太(課長)

木嶋 耕太(課長)

(きじま こうた)

通称課長(かちょう)。六道のクラスメイトで親友。
Yシャツと作業服に腕貫という服装が特徴。
六道、大佐同様に不良のいじめ対象だった。
心優しい性格で、実家は「木嶋製作所」という町工場。
両親は息子と瓜二つ。

幼田 小百合

幼田 小百合

幼田 小百合

(おさなだ さゆり)

亞森高校のトップでもある女番長。
物語「二人目」の悪女。 2度留年していて六道たちと
同じクラス。まるで小学生のような外見をしており、
精神的にも幼いが、見た目に似合わぬ異常な腕力と
打たれ強さを持つ。
身近にいる者は誰一人として見捨てずに守る
「正義の番長」。

姫野 莇美

姫野 莇美

姫野 莇美

(ひめの あざみ)

白バイ警官に扮して暴走族狩りを行っているお嬢様。
物語「三人目」の悪女。「ぎりぎり」が口癖。
亞森高校とは異なるお嬢様高校に在学中。
憧れだった白バイ警官が、布留川のせいで
再起不能の重傷を負ったことで果し合いを
繰り広げる。
自称「六道の専属運転手」。有事の際はバイクで
駆けつけてくる。

松ヶ宮 童子

松ヶ宮 童子

松ヶ宮 童子

(まつがみや どうじ)

鬼島連合の総長。
2年前に向日葵乱奈に潰された鬼島連合を再結成させる。
亞森高校に転校してきた当初は温厚で礼儀正しい
言動をとり、六道たちとも打ち解けるが、裏では乱奈を
鬼島連合へ引き込むべく画策していた。
自他ともに認める怖がりであり、乱奈のことは恐怖の
対象とする一方でその強さに執着している。

椰子谷 唯

椰子谷 唯

椰子谷 唯

(やしや ゆい)

鬼島連合のNo.1。悪女であり、六道に好意を寄せるが、
ドSであるため六道への破壊願望をあわせ持つ。
強い男をつけ狙っては血祭りにあげることを繰り返す。
六道との直接対決では、術の効果によって
六道を「最愛の人」として認識するようになり、
彼にふさわしい女になるべく鬼島連合を脱退した。

菫 雷乃

菫 雷乃・菫 風乃

菫 雷乃・菫 風乃

(すみれ らいの・すみれ かぜの)

@菫 雷乃(画像 上)
鬼島連合のNo.5。強盗、傷害、放火など様々な
犯罪を犯してきた悪党である菫兄妹の片割れ。
六道に好意を寄せる。

@菫 風乃(画像 下)
雷乃と双子で妹よ装っているが実は弟。
普段は女装をしている。
男性であるために六道の術は効かない。

鈴蘭

鈴蘭

鈴蘭

(リンラン)

山寺に住み込み修行をする少女。物語「五人目」の悪女。
カンフーの達人。手がつけられない強さと狂暴な性格の
持ち主だが、悪い心を鎮める数珠「愚連無輪」を
身につけるとおとなしくなる。
寺での騒動が解決したあと、六道と同じ亞森高校に
新入生として入学し、ミナミと親しくなる。

山吹 ミナミ

山吹 ミナミ

山吹 ミナミ

(やまぶき みなみ)

闇金コウモリ」の異名を持つ、闇金融を営む少女。
物語「四人目」の悪女。関西弁を話す。
極度の守銭奴で冷酷な闇金融業者だったが、六道に
一目ぼれし、金品を貢ぐなど浪費を重ねるようになる。
ほどなく六道と同じ亞森高校に新入生として入学し、
鈴蘭と親しくなる。

桜 沙知子

桜 沙知子

桜 沙知子

(さくら さちこ)

ミナミらが所属していた闇金融のボスで「桜金融」社長。
42歳。和服姿の女性で、上半身に刺青をしている。
表向きは上品な和服美人だが、その本性は
きわめて冷酷非情で容赦がない。腕っぷしも強く、
乱奈を一時的ではあるが圧倒するほどの実力を誇る。
他の悪女同様、六道に好意を持つ。
画像の一緒に並んでいる少女は、幼女時代の(↓)桜沙知代。

桜 沙知代

桜 沙知代

桜 沙知代

(さくら さちよ)

(↑)桜沙知子の養女で、「六人目」の悪女。沙知子を
母親として慕い、彼女のような悪女になることを目指し
ている。 相手の目を見ることで相手の未来を予知し、
不都合な未来を変えることができる特殊能力を持つ。
この能力を活かし、沙知子の組織は裏社会での躍進を遂げる。
六道に惚れ、「恋は盲目」状態となって力を失った。

天道 朱鷺貞

天道 朱鷺貞

天道 朱鷺貞

(てんどう ときさだ)

桜金融の取締役。元サーカス団員でアクロバット
手品が得意。常に危険を求め不測の事態を好む危ない男。
物語最後の敵。六道と激闘を繰り広げ、優位な状況に
なりながらも、それでも立ち向かう六道の姿勢に困惑。
最後には「死なせたくない仲間がたくさんいる」と、
信念を貫き通す六道の想いに屈して敗北した。

布留川 葵

布留川 葵

布留川 葵

(ふるかわ あおい)

鬼島連合のNo.3。バイクチームを率いる。
温厚な性格で喧嘩もしないがバイクが絡むと人が変わる。
六道と姫野莇美との激闘の末敗北。
その後はことあるごとに六道や姫野に加勢し活躍する
影の助っ人的存在になる。

タテシマ

タテシマ

タテシマ

(たてしま)

鈴蘭と共に山寺でカンフーを教わっており、擒拿術を操る。
カンフーの修行以前は桜沙知子の部下だった。
六道との激動の末敗北。
山を降りて再び裏組織に追われていたときに
桜に声をかけられ、桜や六道に加勢する。

野玄 雄一郎

野玄 雄一郎

野玄 雄一郎

(やげん ゆういちろう)

クロムサムの総長にして針蔵高校の先代番長。
ドMで、椰子谷唯に惚れている。
総長として幼田に一騎打ちを挑み、敗北する。

 

もちろん、この他にも重要なキャラがたくさんいますけど!

長ったらしくなるんで割愛させていただきます<(_ _)>涙。

 

 

 

六道の悪女たち ー 読んでみた感想

 

六道の悪女たち ー 読んでみた感想


まずこのような素晴らしい漫画が、すべて無料で読めてしまうのにビックリしています(笑)。そんなことが当たり前な時代になったんやなぁとしみじみ。

 

▼「六道の悪女たち」を無料で読めたアプリはこちら。良かったらお試しください。

※ちなみにいつまで無料なのかも不明です。ご確認を!

 

そういうわけで、感想です。

 

読み始めは、ヤンキー漫画にしては内容も絵も幼く感じて正直あまり期待していませんでした。無料で読めるというだけあって、本当に暇つぶし程度に読み始めた感じです。

 

内容は最初のあらすじにも書いた通りですのでここでは作品の魅力などを紹介できればと思います。

 

この漫画の良いところは、悪女たちが六道を好きになって、更生していくところですかね。なんというか、ギャップ萌えみたいなところが良いですよ。

悪い女たちが、六道の前では大人しく可愛らしい女子にコロッと変貌し、素直さを魅せるところはなかなか良かったです。

物語の内容は、少年漫画ならではで、悪者を退治してどんどん強い敵に立ち向かっていくストーリーですから、まぁ、よくある感じなのでそこらへんは少し飽きてきます。

 

悪女も含め、キャラクターが多いので、同じ悪女でも性格やシチュエーションに変化をつけているところは毎回楽しませてくれるところかなと。

いじめられっ子の六道ですが、終盤はカンフーを体得するなど自分自身も強くなっていくのですが、最強にまではなれずギリギリ強い奴らと互角程度で落ち着いてくれるので、いつも良い勝負になる設定は良かったと思います。

 

あと個人的には乱奈が好きですが、鈴蘭も好きです( `ー´)ノ

二人とも六道の前では素直ですけれど、それ以外では喧嘩や格闘がめっぽう強く、振る舞いもヤンキーなので、そのギャップにメロメロドッキュンです!

 

少し幼稚な内容もありますけど、絵もしっかり丁寧に描かれているので、じっくり読める漫画だと思います!

そして何より(多分今だけだと思うので)無料で読めますから、機会があったらぜひご覧になってみてくださいね!

 

アニメ化にも期待しています(∩´∀`)∩

 

 

最後に お伝えしたいこと

 

 

ここまで書きましたが、少し疲れました(笑)

もう少しこの漫画の魅力や、ちょっと別の分野でも魅力をお伝えできそうだと思うので、この続きはまたのちほど書かせていただきます<(_ _)>

 

今回は、このままエントリーさせていただきます!

(この続きはまたちょこちょこ付け足していきますね・笑)

 

 

ここまで長々とお読みくださいましてありがとうございます!

ではまたっ!

 

 

こたつ@このブログを書いてる人
寒くしないでね(*^^*) また遊びにきてね~